7年間の初恋の思い出

初恋
LINEで送る
Pocket

小学5年生~高校2年生まで好きだった子の記事です。小学校の時はあまり話す事すらできませんでしたが中学生になり徐々に話すようになり中学3年生の時1ヶ月程度付き合う事ができましたが結局自分から振ってしまいました。

小学校~高校生の間6年間好きだった子の話です。小学5年生の時に同じクラスになった女の子に恋をしました。活発な子で勉強、スポーツと万能な子でクラスでも人気がある子でした。

なので小学校の時は隣の席になった時などで少し話をする程度であまり仲がいいとは言えない状態でした。

その女の子には好きな男の子がいましたので付き合いたいとは思っていましたがかなわぬ夢とあきらめていました。

中学生になるとその女の子がテニス部に入部することを知り,私もテニス部に入りましたがたまに話ができる位で相変わらず同じような状況でした。
転機は中学2年生の事でしたその女の子の通っている塾をたまたま知りました。しかも少数クラスの塾でしたのでこれは入るしかないと思い入塾しまいした。

塾では生徒4人に先生1人当然生徒同士もよく話すようになりかなり仲良くなることができまいした。
しかしその女の子から恋愛相談をされるようになりました。前から女の子が好きだった男の子の相談です。複雑な気持ちになりましたが応援するようになり

いろんなアドバイス等をしていました。中学3年生になるとその女の子が告白をするということになり心配だったので告白後自分が女の子の帰りを待って結果を教えてもらう事になりました。

結果は結局告白できなかったみたいです。ですが理由は私にあったということを聞かされ??と思っていました。

その年のバレンタインディーの夜に呼び出され好きです付き合ってくださいと言われ有頂天になった事をいまでもよく覚えています。

しかしいざ付き合ってみると意識をしてしまい以前より話ができなくなってしまい。付き合ってから1ヶ月後に手紙でやはり前の男の子が忘れられないのでわかれてくれと言われました。

その時の絶望感はいまでも忘れません。数ヶ月が経ち噂でその男の子に告白をしたということを聞きました。結果は振られたみたいです。

それから1ヶ月後位に友達伝えでやっぱり私の事が好き,また付き合いたいということを言われました。当時はまだその女の子が好きでしたが俺は代用品ではないと言うプライドが

働き,俺はもう付き合う気がないと断ってしまいました。結局断った後1年間は彼女の事を忘れなれなくなんで断ってしまったのだろうと言う後悔でいっぱいでした。

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です