付き合っていた彼女が風俗嬢に

僕が24歳の時に付き合っていた彼女との話です。当時僕は正社員で働いていた会社を体調が悪くて退職したばかりでした。

精神的な不調でしたので、働きたくても働くことができず、数ヶ月間家に引きこもる生活をしていました。貯金も残りわずかになってきたところで、これではまずいと思い、あまり気分は乗りませんでしたがバイトをすることに。

明るく活発な彼女

僕がバイトをはじめて2ヶ月ほど経過した時、同じバイト先に可愛い女の子が入ってきました。とても明るく元気のいい子で、何故か彼女にだけは本音で話せる自分がいました。

彼女も一番社歴が近いということもあってか、僕に心をひらいてくれているようでした。

彼女は大学に進学したものの、3年生くらいの時から美容師になりたいという気持ちが芽生えフリーターで学費を稼ぎ専門学校に通いたいとのことでした。

夢を持ち頑張る彼女に惹かれて、猛アタックを繰り返しなんとか僕と彼女は付き合うことになりました。

壊れていった最愛の人

しかし彼女はどうやら、大学も奨学金で入学していたみたいで、奨学金の返済と専門学校の学費を稼ぐために僕に隠れて風俗で働き始めるようになったのです。

あとから知ったことですが、彼女は働くお店を調べもせずに働き始めたみたいです。

当時は今みたいに情報が溢れているわけではなかったので、仕方のないことだと思いますが・・・

働いていた風俗店はあまり給料が良くない店だったみたいで、彼女はよりお金を稼げるように自分の体調を考えずに無理をして出勤をしていました。

日に日にやつれていく彼女。今思うと何故当時の僕は彼女の異変に気づいてやれなかったのだろうと後悔しています。

自分自身も精神的にやられたばかりだというのに、最愛の人の異変に気づけなかった・・・情けないばかりです。

もっとお給料の良い所や、精神的に負担のかからないところで働けていれば、彼女はあんなに苦しまなくてよかったでしょうに。

結局精神的に病んでいた彼女を支えてやれず、別れることになりました。

風俗で働いていたことが悪いというわけではありません。僕は人を職業で判断したりしません。風俗の仕事も立派な仕事ですから。

風俗のお仕事始める人とその彼氏さんに向けて・・・

今でこそ条件の良いお店を自分で探すことが出来たり、風俗嬢の人をサポートする団体などが増えており、当時が今のような環境であったなら・・・と考えてしまいます。

こちらのサイトのように、女性に対してアドバイスなどを掲載している所も増えてます➾【優良店厳選】全国の風俗求人は『みっけ』で必ず見つかる!

風俗嬢サポートする団体や、悩みを聞いてくれる人も今は多いです。今の子達には当時の僕達のようになってほしくないので、しっかりとサポートを活用して、男性諸君は支えてあげましょう。

愛する女性を支えてやれない事ほど情けないことはありませんからね。

最新の記事